The
Polo Shirt
GUIDE

自分らしいフィット、自分らしい色、
自分だけのスタイル

長い間ポロの伝統と魅力からインスピレーションを得ていたラルフ・ローレンが1972年に最初のポロシャツをデザインしたとき、彼の着想の源になったのは王侯貴族たちのスポーツということではなく、そのライフスタイルでした。彼が作ったシャツは、ビーチから都会の歩道まで、人生のあらゆる瞬間、あらゆるシーンで着られるもの。時代に左右されることなく、年月を重ねるほど味がでてくるよう考えられ、作られていました。そしてそれは、国内外にアメリカンスタイルの魅力を認識させ、世代から世代へと受け継いでいくことのできるものでした。

 

line

 

自分にぴったりのアイコニックなポロシャツを見つけて

パーフェクトなフィット

line

 

「作った」のではなく、丁寧に「作り上げた」

ポロシャツ1枚ごとに一つ一つ丁寧にクロスステッチで縫い付けられた蝶貝ボタン

シャツのシグネチャーであるリブニットの襟とアームバンドは伸びにくく、特殊な縫製のプラケットはフラットでクリーンな仕上がり

クラフツマンシップの技が光る、全部で982のステッチを要するアイコニックなポロ ポニー

年月を重ねるほど魅力的に

line

 

時を重ね、愛用することでますます心地よく、
個性が磨かれる5種類の
シグネチャーファブリック

COTTOM MESH

まさに原点。質感のあるルックとソフトな肌触りが魅力の、通気性抜群のファブリック

STRETCH MESH

伸縮性を高め、より快適にフィット

PIMA SOFT-TOUCH

リュクスなピマコットンを使用した極上の柔らかさ

FEATHERWEIGHT MESH

その名のとおり、Ralph Lauren で最も薄手のファブリック

PEFORMANCE

わずかにエラステンを加えて動きやすさを高めた、吸湿発散性に優れたピマ混紡素材

“To me, the polo player has elegance and imagination. It embodies sophisticated luxury and a timeless style.”

Ralph Lauren